純粋に音を求めるならコチラ 高価な純銀ZIPPO

2012年12月28日

今年最後の記事( ゚Д゚)y─┛~~

ジッポーメンテナンス開閉音のブログなのに忘れてましたね^^;

では今年最後を飾る 開閉音 について書かせてもらいます!


開閉音は使用頻度に比例する理論

を実践された方ならそろそろ効果が出てきているはずですが
今回はそれプラスαの話になります。

主にメンテナンスで開閉音を良くしようという話です。

極端な話しですが、カムが緩ければいい音が鳴りやすい
しかし、カムを緩くしてしまえば 逆さまにしただけでリッドが開いてしまいます

もちろん、材質にもよりますが・・・。


使い込んだZIPPOを見てください。
カムの下側を見てください。

2012-12-28 20.58.24.jpg

赤で囲んでいる部分が カムの下側 今回のメインです。
青で囲んでいる部分は 燃費の良さ の話になります。

では、続きは追記にて^^



赤○の部分について。

オイルにZippoの石のカスが付着したりした汚れが詰まり
カムの動きが鈍くなる原因ですね。

開閉音は使用頻度に比例する理論
を実践していても、使い込んでいくと徐々に汚れが詰まっていき
これは3ヶ月ほど何もせず経過した状態です。

この赤○の部分を綺麗にすると 驚くほどスムーズに開くようになります。
ですが、掃除する時にリッド部分などが曲がらないように気をつけてください。

続いて青○の部分ですが、まず、ここを綺麗にしないことには始まりません。
燃費向上効果もありますのでしっかりしておきましょう。
年末の大掃除感覚です,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、

ウイックを引き出し、ウイックを綺麗な部分にし
ウイック周りを綺麗にする。

この3点。

既に石カスなどのゴミが付着していますので
そういったものを全て除去します。

カム下 ウイック周りは 綿棒を使用すると比較的簡単に掃除することが可能です。

理想を言えば カムリペットと呼ばれるカムを固定している部分を外して
カムごと掃除するのがベストです( ゚∀゚)

開閉音を良くする=メンテナンス

ということです。

掃除やメンテナンスを行うということは
開閉音をよくすことに繋がるということです。



なんだよ、それだけかよ! って思う方もいると思いますが
実際メンテナンスや掃除は結構怠ってしまいがちなんです。

月に1度 メンテナンスをするのもいいと思います。

しかしながら、掃除する際に 液体を使用したり 洗剤を使用したりすると
故障の原因になるので 基本的には乾拭き にしてくださいね!


ヒンジ周りのメンテナンスも大事です( ゚∀゚)b

それでは良いお年を!


posted by zippowriter at 21:25
| Zippo開閉音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。