純粋に音を求めるならコチラ 高価な純銀ZIPPO

2012年08月06日

Zippo ヒンジ メンテナンス 締め直し

前回言ったように ヒンジの調整方法を記載しますが

あくまで 自己責任 でお願いします

失敗すると壊れます!

ビンテージ物なんかには絶対使用しないでください。

Zippo社に送れば無償修理してくれますので!
(購入時の保証書がいりますけどね)

保証書は型番とか書いてないので 失くした人は 安いZippo を買いましょう
保証書ついてきますよw


本当は写真を撮りたかったんですが 道具がなかったので文字で説明します

締め直すのは、5つのバレルのうちボトムケース側の2つだけ。前後方向に叩いて締める。

締め具合と閉じたときの左右のズレを確認しながら2つのバレルを交互にトントンと軽く叩く。私は六角レンチを当てて叩いている。

締め具合が良好なら、左右のブレはケースを手でネジって調整。

左右にまったくブレないぐらいが気持ちいいが、そこまでやると開閉が重く、音も反響しなくなるのでほどほどに。

次に上下を締める。

ボトムケースにキズが付かないように何か当て、その上にドライバーなどを置いて上から叩く。

これは少し締めすぎぐらいにしてみて、前後の再調整を軽くやる感じがうまくいく。

たまに縁が直線でなく僅かにカーブしていて隙間が残るZIPPOがある。

その場合は調整の最後にサンドペーパーをカバーとボトムケースで咥えさせるようにしてしごいて調整するといい(ただし「音」が気に入っているなら絶対にやっちゃダメ)。

シロートがヤスリで調整しようとしてもロクなことにならないのでね。

前後を締めると上下が浮き上がり、上下を締めると前後が若干緩む。

以上をしつこく繰り返して、まったく隙間がなく、なおかつ左右のブレが気にならない状態まで追い込む。わりと根気が要ります。


ヒンジの締めが甘いと オイルが気化し燃費が悪くなります

この方法以外のものを次回紹介させていただきます。


【Zippoメンテナンスの最新記事】
posted by zippowriter at 10:00
| Zippoメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。