純粋に音を求めるならコチラ 高価な純銀ZIPPO

2014年06月14日

たまには何か書かないと( ゚□゚)

というわけで、ZIPPOネタを色々考えてはいるものの
必要とされる情報はほぼ出尽くした感がありますね・・・

報告というわけではないのですが
「ZW理論」という(笑)がつきそうな理論について若干の進展がありました。
破壊のリスクなしに開閉音を良くするという前提で始まったのですが
理想論に近いとはわかっていたものの、かなり苦しみましたが
加工した金属板を使用すれば音の高低は変化させることが出来ます。

が、コスト面での問題が浮き彫りになりました。・゚・(ノД`)・゚・。

毎日使っていると音の変化には気付けないので
知人に協力してもらい変化についてデータを取ってみましたが
1ヶ月使い続けるごとに音が1良くなるとします。

チューニングZippoなどは20くらい良くなっていることを考えると
単純計算20ヶ月で追いつく・・・というわけではないんですね('A`)
Zippoの開閉音には限界があります。
推定ですが7くらいです。
そして最初の1ヶ月は+1されますが
+2になるには3ヶ月必要ということが分かりました。

+1→+2で期間が倍になっているので+7に持っていくには数年かかりそう('A`)
チューニングすればいいじゃん。
という簡単な解決方法もありますが、未熟な私の腕では成功率60%程度です(=Д= )

ですので、少し方向性を変えて
「誰でも故障のリスクなしに開閉音を良くする方法」

「誰でも簡単にチューニングする方法」
という感じに変えようということになりました。

うーん。
ヒンジ弄らずに開閉音って良くできるのかなぁ('A`)
これまでの経験をプラスすればある程度できそうな気もしますが
その方法を編み出すまでにいくつZippoを犠牲にしなければならないのか・・・
薄給の私はZippoに費やせるお金も限られているので
なかなか長引きそうです・・・orz


posted by zippowriter at 07:38
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。