純粋に音を求めるならコチラ 高価な純銀ZIPPO

2014年04月30日

Zippo ウィックの交換

僕はzippoをポケットに入れててもついつい落ちてないか気になっていつもポケットモゾモゾしてます笑
ところで、zippowriterさんはウィックを変えたことありますか?
あれば何かアドバイスいただけないでしょうか
なければ結構ですよ( ´ ▽ ` )ノ


というわけでウィックの変え方を( ゚Д゚)b

と、言っても基本は何も変わらないんですけどね('A`)
そして手元にウィックの予備がないので同じウィックで説明(=Д= )
綿を詰めなおすのも手間だったので
昔スーパータンクを使用していたもので説明します( ゚∀゚)b

2014-04-30 01.43.37.jpg
このように、スーパータンク使用してたので綿が少ないので楽。
では、まず綿を抜きます。

2014-04-30 01.44.22.jpg
綿を抜き取ったら、ウィック(芯)を引っ張りましょう( ゚∀゚)b
上からでなく、下から抜きましょうね( ゚∀゚)b
で、新しい芯か黒くなった部分を切り取った芯を上から入れます。

2014-04-30 01.46.36.jpg
入れる側がほつれていると入れにくいので新しいほつれた部分をカットしましょう。

2014-04-30 01.47.10.jpg
これで多少入れやすくなります( ゚∀゚)b
このウィックはスーパータンク用にカットしているので短いです。
ですのでほつれも少し残っていますが、これ以上カットすると入れるとき苦労するので・・・。

2014-04-30 01.50.09.jpg
上から差し込んで下から無理やり引っ張る感じ。
これがまた入りにくいんですよ('A`)
ピンセットとかないと厳しいので、バラす前に準備しておきましょう。
で、風防より上にウィックを出さないでくださいね。
出すと火傷する可能性が出てくるので・・・。

とりあえず簡単に説明しましたが流れは基本的に同じだと思います
短いウィックだったのと綿がなかったので説明できませんでしたが
綿は細かく切れていてウィックはその間をぐにゃぐにゃと曲がるように入っています。
そうすることでオイルを無駄なく吸い上げることが出来るのです。

綿を元に戻すときは要注意( ゚□゚)b
図で説明すると
zippoウィック.png
こんな感じ。

クローゼットや押入れ、模様替えと同じで
入っていたものを元に戻そうとしても、何故か入らない法則が発動しやすく
私は結構苦手です('A`)
慣れれば問題ないのですが、どうしても面倒で疎かにしがち・・・。
ウィックを交換すると、着火が良くなったり燃費が良くなったりしますが
この綿の入れ方を大きく間違えると、燃費が悪くなったりするので
ティッシュなどの上に抜いた順に型取るように置いておく

綿を戻す時便利ですので、これをアドバイスとさせて頂きたい( ゚□゚)b



posted by zippowriter at 02:05
| Zippoメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

コメントの返信と黄金比

タバコの箱やZippoのサイズは一般的に黄金比とされています

黄金比とは
1 : \frac{1 + \sqrt{5}}{2}
近似値は1:1.618 約5:8とされています。


黄金比において
\frac{1 + \sqrt{5}}{2}
は二次方程式x2 - x - 1 = 0
の正の解であり、これを黄金数といいます。
φやτで表記されることもありますね。
\phi = \frac{1+\sqrt{5}}{2} = 1.6180339887\ldots
黄金数には、次のような性質があります。

\phi^2 = \phi + 1 \ \  = 2.6180339887\ldots
1/\phi = \phi - 1 \,   = 0.6180339887\ldots

黄金比は中末比とも呼ばれています。
a:b=b:(a+b)が成り立つとき、aを未項、bを中項という。

ま、このくらい常識ですよね( ´Д`)y─┛~~
何を今更・・・と思うかもしれませんが、一応私だってググればこの程度の知識はあるんですよ( ゚Д゚)y─┛~~
言っている意味は全く理解できませんが(=Д= )

冗談はさておき、黄金比とはこの世で一番美しく見える四角形のことを言います(高校の頃先生に教わった)
そして一番身近な黄金比はタバコの箱、Zippoなのです。

なんでこんな難しい話をするかと言うとですね


とりあえず一日住んでから決めます笑
zippoで家を作るとしても(←まだ言ってる)何個ぐらい用意する必要があるんでしょうかね〜
一部屋に三百個ぐらい?

というコメントが来ていました。
来ていましたっていうかコメント欄で喋ってる感じですけどね('A`)

はい、Zippoのサイズはおよそですが縦5.5cm 横3.5cmです。
まぁ細かく言うと違うのでしょうし、Zippoによってはサイズが若干異なりますけども
で、厚さが1.2cm

部屋の壁の厚さは15cmとしましょうか。
外壁の厚さがだいたいそれくらいだと聞きました。
この時点で 高さ5.5cm 横3.5cmのZippoが12〜13個必要なわけですね。

6畳の場合ですと、1畳辺り3尺x6尺なので そのままきっちりやるとして
2.7mx3.6mということになりますね( ゚∀゚)b

細かく計算( ´Д`)y─┛~~

面積でいうと97200㎠が一つの面に必要な数

で、Zippoの面積は19.25㎠ですから
約5050個必要なわけですね。
更に厚さがありますのでそれに平均の厚みに必要な個数12.5掛けます。
したがって一つの部屋の壁に必要なのは約63000個
内壁のほうは厚みなくせばもう少しなんとかなりそう・・・
厚みいらなくて壁だけなら
5050x4で20200個で済むか( ゚∀゚)

でもまぁ4方向の壁を考えると 63000x4=252000
天井と床で10100だから262100

この計算が合ってるのか不安(=Д= )


分かり易く言うと
100個で横は3.5m埋まります。
でその列の高さは5.5cmなのでその列があと50個ほどあれば埋まると考えていただければ( ゚∀゚)b
100x50でまぁだいたい5000個なので合ってるかな(=Д= )?

というわけで一部屋(6畳)に必要なZippoの数は約262000個

ふーむ(=Д= )
想像を絶するな・・・

コメントの返事になってましたでしょうかね('A`)?
そしてこの計算が本当に合ってるか謎。
posted by zippowriter at 22:06
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。